早すぎた

確定申告の提出期間を1月15日からだと勘違いしていました。

 

本当は2月15日からです。

 

今年は最速で提出しようと、書類を完成させた後に気づきました。

 

夏休みの宿題を7月どころか6月中に終わらせるようなものです。

 

達成感よりも、まぬけな感じです。

 

あとは提出するだけの書類が何だか邪魔なものに見えてきます。

 

そんなことを言っていると、提出するのを忘れてしまいそうです。

 

気をつけよっ。


ニコニコとイライラ

イライラ仕事している人と、ニコニコ仕事している人では、

 

どちらがたくさん仕事しているのでしょうか。

 

もちろん、ニコニコです。

 

旦那さんに、

 

「たまには家事を休んで外食しよう」

 

と言われる奥さんはニコニコ家事をしている奥さんです。

 

「いつも頑張ってくれてありがとう」

 

と言ってもらえるのもニコニコしている奥さんです。

 

ニコニコしているからと言ってサボっているとは誰も思いません。

 

逆です。

 

イライラしているとどこかで手を抜いているんじゃないかと思われるのです。

 

「頑張っている」を間違えないことです。

 

もうすでにストレスフルな人には難しいかもしれませんが、

 

ニコニコ仕事ができる方法を考えることが大切です。

 

それが一番頑張っていることになるのです。


本当の幸せ

本当の幸せって、

 

「○○だから幸せ」

 

ではなく、

 

「○○でも幸せ」

 

というところにあります。

 

何かを手に入れるから幸せではないのです。

 

手に入れなければいけない幸せは、

 

永遠に追いかけなければいけません。

 

永遠に増やすしかないのです。

 

結婚式のその瞬間は幸せかもしれません。

 

でも大事なのは、その次の日も、その次の年も

 

同じように感じられることです。

 

結婚する人に一般的によく言う、

 

「幸せになってください」

 

と、心から言えません。

 

言いたいのは、

 

「幸せでいてください」

 

です。

 

さもなくば、結婚生活は上手くいきませんよ。

 

という、下の句が隠れています。

 

「二人だから幸せ」ではありません。

 

「一人でも幸せ。二人でも幸せ」なのです。

 

増えもしないし減りもしないのが、本当の幸せなのです。


老後の充実とは

『マイ・インターン』という映画を見ました。

 

見たのは二回目です。

 

ここから完全にネタばれなので、まだ見ていなくて

 

見る予定の人はここから逃げてください。

 


この映画は、リタイアした老紳士(ロバート・デニーロ)が、

 

若い女社長(アン・ハサウェイ)の会社にインターンとして入社する話です。

 

一回目は、ロバート・デニーロとアン・ハサウェイとの関係が気になります。

 

二回目に見ると、見る視点が変わります。

 

アン・ハサウェイには旦那さんがいます。

 

この旦那さんが浮気するのです。

 

二回目は、アン・ハサウェイと旦那さんとの関係が気になるのです。

 

この映画は、「老紳士の老後充実」の話でもあり、

 

「老紳士の、嫌われない若い女性への対応術」の話でもあり、

 

「キャリアウーマンの結婚生活が上手くいく方法」の話でもあり、

 

さらには、「老後の恋の始め方」の話でもあるのです。

 

四回くらいは見ないといけない映画です。

 

お金があるだけではこんな素敵な老紳士にはなれません。

 

素敵な老後の準備も大変です。

 

あ、ハンカチ忘れた・・・(汗)


意味は作るもの

「仕事をする意味って何だろう」

 

と悩んでいた筋トレ友達が、

 

「筋トレする意味は?」

 

という質問には、

 

「生活の安定のため」

 

と、即答していました。

 

筋トレすることにより、食事に気をつかい、

 

睡眠にも気をつけるようになると。

 

筋トレをしなければ、食事や睡眠も適当になります。

 

筋肉に気を使わなくていいからです。

 

筋トレが、規則正しい生活の軸になっているのです。

 

ただその筋トレをする意味は初めからあったわけではないはずです。

 

「生活の軸のために筋トレをしよう」

 

と始めたわけではありません。

 

筋トレをしているうちに、筋トレをする意味が見つかったのです。

 

仕事も同じです。

 

仕事をする意味は、仕事をしているうちに見つけるものです。

 

意味があって始めるのではなく、仕事を続けているうちに、

 

「あぁ、自分はこのために仕事をしているんだ」

 

というものを見い出すのです。

 

意味なんて誰かが教えてくれるわけでもなく、

 

初めからあるわけでもなく、

 

自分で見い出すものです。

 

安易に、「家族のため」なんて意味付けをしない方がいいのです。

 

家族のために働いていると、つらいことがあると家族のせいにしてしまいます。

 

「家族さえいなければ、こんな仕事辞めるのに」

 

という思考になってしまうのです。

 

これでは家族もつらいです。

 

「生きるため」というのも安易です。

 

仕事しなくても生きていく術はあります。

 

生きるために仕事をしていると、

 

仕事をせずに生きている人を羨むようになるのです。

 

これもつらいです。

 

そうではない、仕事をする意味を見い出すのです。

 

以前、生きる意味という話の中で、定年間際のお客様が、

 

「生きるのに意味なんてないよ。

 

ただ生まれて。生きて。死んでいくだけ」

 

と、おっしゃいました。

 

これは、その人がその人生で見い出したものです。

 

同じ言葉を5歳児に言われたら微妙です。

 

そんなに生きたんかい、と思います。

 

しっかり生きて、その中で答えを見い出すのです。

 

仕事も筋トレも同じです。

 

意味が見つかるまで、とにかくやってみるのです。



店のホームページです

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
最近の記事
archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM