一緒にtabataやろう!

「腹筋を割りたい」

 

という男性が、ポツポツ現れてきているのが嬉しいです。

 

筋トレ仲間は大歓迎です。

 

「でも時間が・・・」

 

という人に紹介したいのがこれ。

 

『tabata方式』

 

一日4分の運動でO.K.です。

 

もちろん一日だけではダメですよ(笑)

 

tabata方式は、20秒の激しい運動の後に10秒のインターバル、

 

これを8回繰り返します。

 

それ専用の音楽があり、海外でもやっている人は多いです。

 

だまされたと思って10日間やってみてください。

 

脂肪燃焼効果が半端ないです。

 

体が変わってきたら教えて下さいね!

 

 

動画撮ったので一緒にやりましょう!^^

 

途中でちゃちゃが画面端に現れるのですが、無関心な感じがシュールでしょ(笑)


その選択には理由がある(?)

次に行けなくて悩んでいる人。

 

今何をしたらいいのか迷っている人。

 

そんな人への質問です。

 

「将来、一番避けたい結果は何ですか?」

 

大事なのは、「一番」です。

 

「最も望まない結果」を認識しているかどうかです。

 

やりたいことと同じくらい大切だったりします。

 

やりたいことが分からないなら、

 

もっともやりたくないことをしなくていいようにすることです。

 

仕事が嫌だといいながら仕事に行くのは、

 

仕事をする以上に避けたい結果があるからです。

 

その結果を避けるだけなら仕事はしなくていいかも知れません。

 

逆に今動かないことが正解だと気づくこともあります。

 

最悪を避けるのは本能です。

 

抗(あらが)う必要はないのです。

 

何のためにその選択をしているのかを知るだけで、

 

見えてくるものがあるのです。


若くてええかな?

20代の若い人に会うと、

 

「(若くて)ええなぁ」

 

と、言ってしまう年配の人は多いです。

 

言われた若者は、

 

「いいでしょ?」

 

とは思っていません。

 

例えば50才の人が、

 

「25才に戻りたい」というのは、これまでの25年間の、

 

知識も経験も手に入れたもの全てを無くして25才になるということです。

 

今の25才の人には、その後の25年の経験はありません。

 

若いというのはそういうことです。

 

「あと一年しか過ごせないとしたら何歳の時の自分で過ごしたいですか?」

 

と聞きます。

 

すると、ほとんどの人が、

 

「今のまま」

 

と、話してくださいます。

 

20代は楽しかったはずですが、人としては今の自分には勝てないのです。

 

羨ましいのは単に年齢が若いことではなく、

 

若いのに色んな経験をしている人や、

 

年を取っているのに若く見える人です。

 

「若くてええなぁ」

 

に何を込めているのかです。

 

単純に「未来がある」とか「可能性がある」というのは無責任です。

 

何もしなければ、何もしないまま30年が過ぎるのです。

 

80才からすれば50才も若いです。

 

100才の人からすれば80才は子供みたいなものです。

 

「若くてええなぁ」

 

と言われる側でもあるのです。

 

20代の若い人が聞きたいのは、

 

「これから30年経ってもまだまだ面白いよ」

 

という話です。

 

先に行く人が若い人を、羨(うらや)んでいる場合ではないのです。


下ネタに聞こえる

金柑(きんかん)のブランドに『たまたま』というのがあります。

 

これを恥ずかしくて言えないという女性がいました。

 

逆にエロいです。

 

そんなモードでいるなら、

 

例えば『パチンコ』なんかも言えません。

 

沖縄のお土産『ちんすこう』とかは大丈夫でしょうか。

 

『おこめ券』も引っかかります。

 

アカンモードです。

 

『成城石井』というショップがあります。

 

これも下ネタに聞こえます。

 

航空会社の『ANA』もギリギリです。

 

あと一文字でアウトです。

 

『ストレッチ』が『ひとりエッチ』に聞こえたら、

 

もうそうとう溜まっています。

 

抜きましょう。

 

力をですよ。

 


ちなみに、レインフォレストの金○カクテルは、

 

『いりき』というブランドです。

 

普通ですね。


グチの達人

グチを言うのが上手い人と下手な人がいます。

 

上手い人は、

 

「ちょっと聞いて〜」

 

と、かわいいです。

 

「いくらでも聞くよ」

 

と、気持ちが入ります。

 

下手な人は、

 

「これは八つ当たりですよね」

 

というような話し方です。

 

嫌なことがあったのは雰囲気で分かります。

 

その時、素直に、

 

「グチ聞いてくれる?」

 

と、言えなくてケンカを売ってしまうのです。

 

これは残念です。

 

本人がグチと分かっているグチは、いくらでも聞けます。

 

その流れで元気にしてあげることもできるはずです。

 

グチが全て悪いわけではありません。

 

「疲れ果てたわぁ〜」

 

と、言いながら笑っている人もいます。

 

その人のグチは聞いていても一緒に笑えるのです。

 

ご本人は、

 

「あれ?あんなに病んでたのに」

 

と不思議がっています。

 

それは、グチの吐き方が上手いからです。

 

グチは我慢するだけでなく、

 

上手く吐けるようになることが大切です。

 

コツは簡単です。

 

最初に一言、

 

「グチ聞いてくれる?」

 

と、聞くだけでいいのです。



店のホームページです

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
最近の記事
archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM