こんなのいいな

ちょっとしたことなんですよね。
こういうのいいなって思います。


勇者紹介3

カップルのお客様。

 

男性のお客様がお相手の方に、

 

「これいっといたら」

 

勇者11「え?ああ、じゃぁ、枝豆ください」

 

勇者には指揮官がいました。

 

「アカンかったら俺に任せろ」

 

という覚悟の提案だったと思うのです。

 

勇者12「これは気になる」

 

と、注文してくださいました。

 

気になったものは何でも試される方です。

 

枝豆ごときでビビるはずもありません。

 

勇者13「お勧めのカクテルは何かある?」

 

と聞かれたので、

 

「今、こんなんやってるんですけど」

 

と、枝豆のカクテルを紹介しました。

 

「じゃ、それ」

 

早いです。待っていたかのような早さでした。

 

勇者14「勇者募集してるみたいなんでいっときます」

 

こんな人と一緒に戦えたら心強いだろうなという風貌のかたです。

 

想定していた勇者が現れると嬉しいものです。

 

勇者5再来。

 

二度目となると余裕が違います。

 

桃太郎が二度目の鬼退治に行くような余裕を感じました。

 

一緒にサンドを召し上がられながら、

 

「これ、むちゃくちゃ健康的な組み合わせですね」

 

と、腹ごしらえをされていました。


金曜サンドの日

『ゴロゴロ海老のタルタルロール』


冬が来た

約1年ぶりに『アイリッシュコーヒー』を作りました。

 

手順を確認するためと、試したかったウィスキーがあったからです。

 

2杯も飲めないので奥さんに来てもらいました。

 

今までのと新しいウィスキーの2杯のアイリッシュコーヒーを作り、

 

ほっとした瞬間に思い出しました。

 

「砂糖入れるの忘れた・・・」

 

奥さんは、

 

「これはこれで美味しいけど」

 

と慰めてくれますが、そうはいきません。

 

もう一度、2杯作り直しました。

 

美味しかったのは、今までのウィスキーの方でした。

 

値段が高いからといってカクテルに合うとは全然限りません。

 

「アイルランドで飲む『アイリッシュウィスキー』はきっとこんなんだろうな」

 

なんて勝手に想像しながら、冬の訪れを感じました。

 

レインフォレスト、冬支度です。

 


勇者紹介

勇者5「じゃ、枝豆のカクテルで」

 

席についていきなりでした。まったく迷いがない。勇者です。

 

勇者6「それじゃ、もらいます」

 

これ美味しいよ、と先日飲まれた方に進められたお連れさま。いや、勇者さま。

 

勇者7「柿は終わったんやね。ほなこれもらおうかな」

 

女性のお客様。枝豆になんの躊躇(ちゅうちょ)もありません。

 

勇者8「ほな、私もこれにしよ」

 

そのお連れ様。女性のノリは強い。

 

勇者9「マスター、これ大丈夫ですか?」

 

と聞かれました。

 

「自信作です」

 

と答えました。

 

「じゃ、これ・・・」

 

恐る恐るでも、0と1の差は大きい。

 

勇者10「勇気を出してよかった。もう一杯もらおうかな」

 

おかわりの勇者は初めてです。

 

「これ、飲み友達にゆうたらどういうかな(笑)」

 

と、喜んでくださいました。

 

予想以上に勇者がいることにビックリしました。

 

「これだけ勇者がおったら岸辺も安泰やな」

 

と、妻が言いました。

 



店のホームページです

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
最近の記事
archives

recent comment

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM